京都嵐山の占い師 泰 璃佳〈たい りか〉は、
  今まで誰にも相談できなかった貴方のために、四季の風景の変化を用いて、
  人生をより良く彩るためのご指南をさせていただきます。

  
  電話予約はこちら 090-1243-3246

泰 璃佳は、四柱推命、東洋タロット(周易)、気学方位学など東洋占術を使って京都、先斗町占いスポットや、京都嵐山にて占い鑑定、またカウンセリング&ライフアドバイスをさせていただいております。

お客様実践鑑定例 Judgment example

◎寒い季節の太陽 1981年11月14日 6時 31歳 2013-03-31

  時 日 月 年
     
     

  18 28 38 48 58 68
  庚 辛 壬 癸 甲 乙
    寅 卯  

  丙申(ひのえさる)の日生まれ。
このお客様は、遠方にお住まいのかたで、3、4年くらい前から時々電話でお話させていただいてきました。去年くらいから良い変化が起こって、運気が落ち着いてきたようです。

いつになったら、楽しいと思えるようになりますか?と、少し神経過敏な状態が続いて、時には一週間に2回とか3回と電話を頂くこともありました。

勤務先でいじめる人がいて、辛い時は、こんなことを言われたと泣きながら訴えていました。上司に、一生懸命仕事をしているのにわかってもらえない、私には今の仕事が向いていないのか?とか、いつも転職をしたいと言っていましたが、私の答えは「待て」本当によく頑張ったと思います。

やっと長いトンネルを抜けて、春がきたようです。自分が動かなくても意地悪な同僚は何処かへ行ったし、キツイ上司も移動して新しい上司になって、お仕事の環境は居心地がよくなったようです^^。

寒い、雪が降って凍てつく季節にじたばたして動きまわっても何も育たないし、成果がでません。おうちのなかや、温室の中で守ってもらって、春の準備をするのが一番。

11月、冬の太陽がイメージです。11月は亥(いのしし)の月、亥は水星ですから、氷雨が降っています。辛酉辛金もあって、ますます冷えがつよくなって雪がシンシンと降って寒い凍える季節の、厚い雲に覆われた空に輝く太陽は、暖かいエネルギーを奪われて、自分らしく輝くことができません。

28歳までは、庚子(12月)、辛丑(1月)と、大運も冬。厚い雲に蔵れて、丙の太陽はなかなか輝くことができず、己土に暖かさが届かず、土は雪が積もって凍っています。

時間の卯(うさぎ)木の植物は雪に埋もれて、根腐れを起こしそうでした。

29歳から壬寅(みずのえとら)。2月ですからまだまだ寒いのですが、寅木の新芽がでてきます。丙(ひのえ)の太陽にとって、壬(みずのえ)は川、湖、海がイメージで、太陽の光が湖や海の水にキラキラと反射する風景となります。

年運は、2014年 壬辰 四月
    2015年 癸巳 五月
    2016年 甲午 六月
    2017年 乙未 七月

今年から、夏の季節に巡ります。太陽のエネルギーはどんどん強くなっていきます。己土は暖まって栄養豊かな土壌となり、寅(とら)卯(う)の木星はどんどん成長することが想像できます。己土は、表現力、人に自分の思いを伝える能力が磨かれます。寅卯木は精神面ですし、知性・教養となります。精神的に余裕が生まれて、自分を磨くための勉強をして、資格に挑戦するなど前向きに考えていく時期になりました。

実際にこの方は、節分すぎから次のステップに登るために勉強を始めたそうで、資格を取りたいと頑張っておられます。

お問い合わせ Contact

TEL 090-1243-3246
mail kyo87@kyoto.zaq.ne.jp お気軽にお問い合わせ下さい。